環境資源部

分けることが資源を創る

私たちの毎日の暮らしの中にはどうしても「ゴミ」が出てきます。
「ゴミ」は長い間「ゴミ」としてただ処分されてきました。
しかし近年、ゴミを資源として有効に活用するリサイクルや循環型社会という考え方が広く浸透し、関連する法律も整備されたことで「ゴミ」が「資源」として生まれ変わるようになってきました。
それでも「ゴミ」がそのまま「資源」になるのではなく、ゴミを「分ける」という作業が必要になります。
ご家庭でのゴミ分別に始まるこの「分ける」という作業を、プロの視点と技術・施設でより細かく「分ける」ことで、スムーズな資源への循環をお助けするのが私たち明円工業株式会社です。
苫小牧市・厚真町・安平町のみなさまの生活と次の豊かな生活のための資源生産の「あいだ」に。
私たちは「分ける」ことで資源を創ります。

プラスチックゴミの中間処理

プラスチックのリサイクルは、容器包装リサイクル法という法律をもとにリサイクルされています。一見同じに見えるプラスチックのゴミも、次のように分けられます。

  1. 容器包装プラスチック
    ・・・ボトル類、カップ類、トレイ類、パック類、菓子袋類、緩衝材、フタ類 等
  2. 製品プラスチック
    ・・・ハンガー、バケツ、クリーニング袋 等
  3. 異物・不適物
    ・・・金属を含むおもちゃ 等

こうした一般には見分けずらい分類を、最先端の機械とプロの目で正しく選別するのが中間処理の私たちの仕事なのです。

 

プラスチックゴミと一緒に全く違う種類のゴミを捨てるのはやめましょう。
特に医療廃棄物や金属などは、安全上も大きな問題があり、ゴミ分別にかかわる全ての人に危険をもたらします。

 

家庭から集められたゴミを資源化へ

第1工場
資源化中間処理施設
(家庭から集められた缶・ビン・ペットボトル・紙パックを資源化へ)
第3工場
プラスチック中間処理施設
(家庭から集められたプラスチックを容器包装プラスチックへ)
ページのトップへ戻る